➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖

大きなお店の雰囲気が好きで沢山お話ししたい。

大事な時以外はコスパを重視したい。

艶髪を目指していてカラーもパーマもしたくない。

そんな方は他の美容師さんをお勧め致します。

★動きの出るレイヤースタイルやミニマムボブ、エッジィなショートスタイルにしたい

★デザイン性のあるパーマスタイル、柔らかな質感のパーマスタイルをしてみたい

★大量生産な色味ではなく、色やデザインも楽しめるようなカラーリングを提案して欲しい

ピンときた方、上原に任せたい!と思って頂けるようなパーソナルなお仕事をお届けいたします。

もし、未だ良い美容師さんに出会えていないのであれば是非一度お任せください!

ご予約は

https://line.me/ti/p/sEfBrw8xjp

もしくはnumber4way@gmail.comまで。

サロンは

https://gotoday-shaire.salon/free/access

こちらになります。

ではっ!

やっと読みました。

オススメされて、読もう読もうと月日が流れ、やっと読みました。

穂村弘さんの”蚊がいる”。

ジャケットもかなり洒落てます!

穂村さんのエッセイ初めて読みました。

中でも又吉さんとの対談がかなり面白くって!

その中でもとくに、忌野清志郎さんの告別式での甲本ヒロトさんの弔辞のエピソードがでてくるんですが。。それが響きました。

ざっくり。あくまでもざっくりなんですが。

忌野清志郎さんの告別式で、甲本ヒロトさんが弔辞を送ったんですけど。。
(内容もグッときます。)

そもそも、甲本ヒロトさんは革ジャンで来たんですよ。革ジャンで。

喪服は着ずに。

一般的に”非常識”。

けれど、それは”非常識”なのか?という話。

忌野清志郎さんと甲本ヒロトさんにしか、その2人でしか、わからない、見えないことがあって、それをやり遂げて、成し遂げたとしたら?

それは”非常識”なのか?

故人を思うと言うことは、常識を重んじるということを超越した部分もあるんじゃないか?

なんか色々グッときました、僕的には。


普段の生活においても、必要なのはきっと想像力。

”常識”、”普通”を疑って、信念を通せるって凄いカッコいいなー。

今年まだ間に合う!笑

そんな気になりました。

では 笑

0コメント

  • 1000 / 1000